カテゴリー「楽器」の45件の記事

2012年4月21日 (土曜日)

「僕らが作ったギターの名器」

めずらしく、読書ネタなど。
と言ってもギターの本ですが。

僕らが作ったギターの名器

著者、椎野秀聰氏は「ギター設計家」という聞き慣れない肩書き。

氏はグレコのEGを始め数々の名器を設計し、あのESPを立ち上げたお方です。
ギターの歴史や楽器業界の歴史、そして楽器とサウンドの仕組みなどが、詳細に、熱く語られています。
楽器作りへの凄まじいこだわりと、音楽への熱い情熱。なんだか堅苦しそうだけど、その道のプロの言葉には惹きつけられます。

うちには「名器」と呼ばれるほどのギターはないけれど、それでも何となく、もうちょっと大事に使おうという気にさせてくれました。

さて、ギターの手入れでもしてみましょうかね・・・。

Guitar_meiki

  

2012年3月10日 (土曜日)

ALL GOLD

借りモノです
レスポール、ゴールドトップ、じゃなくオールゴールド。

裏も、ネックもゴールドなんです。
なんとも、美しい。

Ag_front0 Ag_back0

Historyというブランドで、"Les Paul" じゃなくて "Las Vegas"。

レスポールはちょっと苦手なんですが、コレはわりと弾きやすいです。

ですが、ちょっとノイズが気になるかな・・・。
今月末のライブに使おうか検討中です。

部屋で飲みながら眺めているのもなかなか楽しいです。

しばらくお借りしますね>T-Bone殿

2012年1月22日 (日曜日)

PCの壁紙

PCの壁紙を久しぶりに替えました。

ネットで黒基調の壁紙を探していて見つけたのがコレ。

Beautifulguitarguitarmusic1920x1200

いやぁ、イイ感じです。

部屋の照明を先日「電球色」に替えて、しかも暗めに設定しているので、PC画面の明るさがが気になっていたところ。
これはかなり雰囲気良いです。

それに、黒ギターも欲しくなってきたりして・・・。

これはレスポール・スタジオですかね。
いいかも。
壁紙のようなゴールド・パーツのはないのかなぁ・・・。

2011年12月 1日 (木曜日)

ポータトーン

ヤマハポータトーン、PSR-E323です。
何を血迷ったか、キーボード買っちゃいました。

E323

つい先日、このPSR-E323の後継機種(E333)が発売になり、旧モデルになったところで購入決定。
ちょっとお安くなって、お値段12000円也。
この価格でこのクオリティは素晴らしい。

自分ではまだ全然弾けないので・・・、音質はこの外人さん(誰だか知りませんが)のデモ映像でお聴きください。

さて、レッスンモードで「エリーゼのために」あたりから始めてみましょうかね・・・。

2011年11月 5日 (土曜日)

2011楽器フェア

なんだか惰性でこのところ毎回行ってる楽器フェア。

まぁ、2年に一度のイベントと言うことで、今回もはるばる横浜まで行ってきました。

Gakkifair2011

だけど、なんだか今回はちょっと規模縮小?
そんな気がしました。

ミニライブもあまりめぼしいモノなく・・・。
と、いいながらコレ、チョッパーKOGAちゃんは観てきましたよ。

なかなかの盛り上がりで面白かったんだけど、ややアキバ系ノリにはちょっと閉口・・・。

2~3時間見てまわったところで、別の用事もあったので早めに退散。

うーん、次回は昔のように池袋サンシャインで開催してくれないかな~。
横浜は遠い・・・。

2011年8月20日 (土曜日)

KRAMER

いくつか所有するギターの中でちょっと異質なのが、このKRAMER。
といっても、ストラトタイプ、ハムバッカーピックアップ、ロック式トレモロ、という所謂メタル仕様ギターということでは全然異質ではないのですが・・・。

この色・・・。

Kramer01 

かなりハデ目の蛍光(?)イエロー。
しかもこれ、社会人になってから買ったモノ。
友人と楽器店に行っての冗談半分の衝動買いだったかと思います・・・、かれこれ十数年前ですが・・・。

このギター、なぜかボディに穴が空いているので軽いのです。
ボディの穴が取っ手がわりになって持ち運びにも便利だったりもします。
けど、あまり弾きやすくはないのです。
かなり長い間放置していたので、一層弾きにくくなってました・・・。

ところが先日、ふとメンテナンスでもしようかとちょっといじってたら、意外に弾きやすくなりアームの効きも激しくてなかなか面白くなってきました。

そんなわけで、次回Tanar's Live(9月3日)にて初お目見えの予定です。

2011年5月 5日 (木曜日)

楽器店って・・・。

今さらながら気になっていることが・・・。

あの地震で、楽器店に所狭しと陳列されていたギター達はいったいどんなことになってしまったのだろうか・・・。とても心配。
そういえば地震以降は一度も楽器店に行ってないし。東北に限らず都内でも無事だったとは思えないしなぁ。

これはたまに行く楽器店のサイトから(勝手に)拝借してきた陳列の写真。
Guitarshop

ここは結構高価なギターもぎゅうぎゅうに並べられていたところなので特に心配なのです。

で、大変不謹慎で恐縮なのですが・・・、もしかして「震災キズものギター格安販売!」なんてことになっているのかしら・・・。

明日あたり仕事帰りにちょいと覗いてみようかな、と。

2010年8月21日 (土曜日)

Elixir 009-046

湿気や汗で弦がすぐにダメになってしまうこの季節。

YAMAHA SFX-Ⅰを「錆び防止加工」の弦として定評ある、Elixir に替えてみました。
このElixir、アコギには使っていましたが、今回初めてエレキにも張ってみました。

Elixir_eg

いつも使っているD'Addario は450円なのに、Elixir は980円もします(価格は安値で定評あるサウンドハウス)。
しかし、普通の弦より3倍から5倍長持ちするというので、お得なのです。

エレキ弦は長年D'Addarioを使っていたので、ちょっとだけ感触の違いが・・・。
とはいえ、音がどうとか、弾き心地がどうとか言うレベル(私の耳や腕)ではありませんけれど・・・。

そういえば、D'Addario にも「錆び防止加工」の弦があったような・・・。
次回はそっちを試してみます。

さて、これで2週間後のTJライブまでは充分もつことでしょう・・・。

次回TJライブでは久々にアコギ(Cole Clark)も登場予定なので、これもついでに弦交換しておこう。

2010年7月19日 (月曜日)

YAMAHA SFX-Ⅰ

往年の銘器、「YAMAHA SFX-Ⅰ」。所有エレキギターでは最古参で大学生の頃から使ってます。
Ibanezの薄いネックもいいけど、このギターの非常に細いネックは実は私の中では一番弾きやすい。
最近はあまり使っていなかったのですが、久しぶりに弦を張り替えてみました。

Sfx1

ピックアップは、リアをDUNCAN SH-5、フロントをGIBSON 496Rに換装してます。
もともと付いてたブースターなどの回路は外してしまいました。

このギター、当時VOWWOWの山本恭司氏が使っていたのを見て購入したもの。
しかし、その後恭司氏はすぐに同じくYAMAHAのオリジナルモデルに持ち替えてしまったのでなかなかSFXを手にした映像がないのです。
・・・が、見つけました。
人見元基氏のボーカルも最高です。80年代半ば、VOWWOWの絶頂期ですねぇ。

さてこのギター、次回Tanar's Liveで久々にお目見えの予定です。

あ、VOWWOWは演りませんよ・・・。

2010年5月26日 (水曜日)

ガットギター復活?

不幸なガットギター」その後のご報告です。

実は私かなり不器用者らしいです。
いや、単に雑なだけか・・・。

先日は木工用ボンドで失敗し、改めてアドバイスを受け「二液混合エポキシ接着剤」なるものを入手して再挑戦したのです、・・・が。
割れた面をうまく密着させることに失敗(なんせ弦外すのが面倒だったので緩めた状態で作業したのが大きな間違いだった・・・)。チューニング中にまたもや『バギッ』と。

で、もうこうなると接着剤のカスがいっぱいくっついてたり、新たな割れも発生したりして収拾つかないことに。

ということで。
サドルごとブリッジに接着してしまいました。

一応復活・・・。
修復箇所の拡大写真はとてもお見せできません。

Gut

それにサドルごと接着したとは言っても接着面が狭いのでまだ不安が残るのです・・・。

まぁ、せっかくなのでちょっと練習してみようかな。

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

ブログパーツ

  • twitter

最近のトラックバック

無料ブログはココログ