« 2011年3月 | トップページ | 2011年5月 »

2011年4月の9件の投稿

2011年4月29日 (金曜日)

Mr.BIG

さぁ、ゴールデンウィークです。
毎度のことながら引き籠もり中ですが。

録り溜めたWOWOWの番組なんぞを見ながら過ごしてます。

そんな中で、秀逸なのがコレ。4/3放送の「MR.BIG LIVE FROM THE LIVING ROOM」。

ギターのポール・ギルバートは終始アコギでプレイ。
ドラムはカホン叩いてたり。だけどビリー・シーンは相変わらずいつものエレキベースで超絶プレイ。
とは言え、ポール・ギルバートもアコギでも超速弾き。で、ベースと掛け合い。
こんなアンプラグド(?)、見たことない。
(個人的にはアコギ(エレアコ)の音があんまし好みではなかったけど。ぜひCole Clarkで演ってほしかった)

Mrbig

で、Mr.BIGのアコギ曲といえば、やっぱり"To Be With You"。
これはそのライブ映像ではありませんが。

2011年4月23日 (土曜日)

WIN5

久しぶりに馬券でも買おうかな、と思って明日の皐月賞の予想なんぞをはじめてみたところ、・・・。

なにやら明日から「WIN5」なる新馬券が登場するとのこと。
この馬券、5重賞単勝式なるもので、5つのレースの1着を全部当てるというもの。
なんと最高払戻金は2億円ですと。

せっかくですから、明日早速挑戦してみましょうかね。
2億円当たったら、全額とは言いませんがそれなりに寄付もしますよー。

と言ってはみたものの、5つものレースを予想するのって結構面倒だな・・・。
全部一番人気じゃ逆に当たりそうもないので、1~5番人気あたりを適当に散らして買ってみることにします。

ま、それとは別に皐月賞も買います。たぶん。

2011年4月17日 (日曜日)

New Standard ~Blue Note Style

さて、もう一枚のE.YAZWA DVDを鑑賞。

New Standard ~ Blue Note Style

アルバム「YOUR SONGS」のキャンペーンで行われた2006年12月2日の「ブルーノート東京」公演。「アマチュア時代に横浜のナイトクラブで歌っていたころを思い出した。」という自身初のジャズクラブでのコンサートには、1万通を越える応募が殺到し、150組300名の男女ペアが厳選された。名門ジャズクラブとロックのコラボ。スローバラードを中心としたシックで大人の雰囲気のライブは、いつもの武道館王者とは違ったもうひとつの顔をみせてくれるプレミアムライブになっている。ファンからの熱望で実現した初のDVD化は、5.1chサラウンドの完全ノーカット収録。(amazon.co.jpより)

いつもはホールで観客総立ちのライブですが、ここではみな着席してお酒飲んでます。
なので、さすがに「帰りに旨いビール飲んで帰ってね~」とは言わなかったですな。
また観客との距離も近い近い。
こりゃプレミアライブですわ~。

ちなみに今回発売のDVD2枚、ここで試聴できます。
New Standard ~ Blue Note Style 
THE LIVE HOUSE ROOTS in Zepp Tokyo 

あ、それと業務連絡、ブルーノートライブの方では「もうひとりの俺」弾き語りで演ってましたよー。
こんな感じでいきましょうか?>O

2011年4月12日 (火曜日)

THE LIVE HOUSE ROOTS in Zepp Tokyo

矢沢永吉のDVD、ニューリリース。

先日、売上金が義援金になるということに背中を押されて予約購入した2枚。
さすがAMAZON、発売日の1日前に到着!

Yazawa_dvd_20110412

早速、まずは"THE LIVE HOUSE ROOTS in Zepp Tokyo"を鑑賞、堪能!

ホール/アリーナを封印して原点に立ち返ったライブハウスツアー。幻のZeppTokyo公演を満を持してリリース!!(amazon.co.jpより)

2005年のライブハウスツアーの映像です。

ライブハウスとは言ってもZEPP TOKYOってスタンディングで2700人も入るんですねぇ。
知らなかった。

このライブ、個人的にかなり楽しめたのはゲストで登場したギタリスト、山本恭司!
姿もサウンドも存在感たっぷり。
どうも永ちゃんと山本恭司って組合せに違和感あったんだけど、なんだか妙に合ってる気もしてきた。
ぜひ生でこの顔合わせを見てみたいなぁ。
(今年の武道館でぜひ!・・・、今年も行くのか?)

このライブはほとんどロック一色だけど、バラード系はもう一枚のDVD、"New Standard ~Blue Note Style"。
こっちは週末の楽しみかな。

2011年4月11日 (月曜日)

余震

大地震からちょうど一ヶ月。

今日はたまたま休暇で自宅にいたところを、大きめの余震が発生。
この辺は震度4~5弱といったところ。

自宅で経験する地震としては最大震度でした。
耐震ビルの高層階も恐ろしいけれど、木造戸建ての家がきしむ音もなかなか恐ろしいものです。

幸いにも被害はなく、ミニギターが倒れた程度・・・。

0411yoshin

で、直しました。

0411yoshin2

もう倒さないでね>余震。

みなさん、お気をつけくださいませ。

2011年4月10日 (日曜日)

昨日は拙宅にて越谷花見会。
・・・飲み過ぎました。

午後3時頃から、延々午前4時頃まで飲み続け・・・(暗くなる頃には”花見”ではなくいつもの飲み会になってましたが)。
ビール、日本酒、バーボン・・・、飲んだ量は覚えてません。

案の定、今日は酷い二日酔いです。
夕方になってようやく醒めてきたので久しぶりに競馬、桜花賞なんかを買ってみましたが、惨敗。

桜はほぼ満開です。

Sakura2011

さてと、ビールでも飲もうかな、と。

2011年4月 6日 (水曜日)

末廣

バーボンだけじゃない。

日本酒も買いましたよ。

もちろん、福島の地酒。
「末廣」

Suehiro

不謹慎な大騒ぎの中にも復興を祈念しつつ。

2011年4月 5日 (火曜日)

バーボン(大)

さて、週末は恒例の越谷花見会。

ということで、お酒をドーンと仕入れてみました。

Big_bourbon

一番右の「KENTUCKY GENTLEMAN」、なんと 1750ml(ペットボトル・・・)。
その隣の「TEN HIGH」は1000ml。

バーボンの買いだめですか?
いや、必要量ですので・・・。

ウチの桜はまだまだ開花したばかり。
週末までに満開は無理かな~。

2011年4月 3日 (日曜日)

映画 "ゼブラーマン2"

こんな時に、いやこんな時なのでストレス解消にいいかと・・・。

「ゼブラーマン2 ゼブラシティの逆襲」をレンタルDVDで鑑賞。

期待通り!
つまり、むちゃくちゃです。
それにしてもゼブラクイーン演じる仲里依紗はよく頑張った、と思う。

ラストシーンは巷で酷評のようですが、これこそ三池ワールド!
気分の沈む昨今、不謹慎にもこんな痛快お馬鹿映画を楽しんでしまいました。

そんな三池ワールドにハマってしまった方には、”DEAD OR ALIVE (シリーズ3作)”(哀川翔、竹内力主演、三池崇史監督)がオススメです。

だけどこの映画、DVD出てないかも・・・。

« 2011年3月 | トップページ | 2011年5月 »

ブログパーツ

  • twitter

最近のトラックバック

無料ブログはココログ