« BOSS GT-10!! | トップページ | 今週末と来週末。 »

2010年1月24日 (日曜日)

GT-10とJC-”20”

今日は引き篭もってどっぷり「GT-10」いじり倒しの一日でした。

まずは、感想なんぞを。
このBOSSのGTシリーズ、以前にGT-3、GT-6を所有していたのですが、「(アンプシミュレーションでの)歪みが使えない」という残念な印象しかありませんでした。
どちらの場合もオークションで購入して、数ヶ月後にはまたオークションで売却してしまいました。

その後、POD2、BEHRINGER VAMP2、ZOOM G2.1Uなどを経て(いずれも売却済み)、現在のPOD X3、VOX Tonelab STに落ち着いていたのですが、やはりGTシリーズは気になっていたのです・・・。

懸念は、「歪み」と「重さ」でした・・・。
まず「重さ」は先日購入した”カート”を使うということで・・・。
で、肝心の「歪み」。評判どおり充分満足の出来る「使える」モノで、かなり多彩です。GT-6の頃からは格段に進化しているようです。クランチから最近のメタルサウンドまでかなり使えそうです。
PODに比べるとデジタル臭さが残っているような気もしますが、まぁまだ私が使いこなせていないと言うことでしょうか・・・。
それに、定評のある空間系のエフェクトはさすがの音質ですし、なにより機能の多さとその操作性はPODより格段に楽しいものです。
(USB接続によるPCでの操作性はPODに軍配が上がりますが・・・)

その多様な機能として、CTRLペダルの使い方や、各パッチの2系統チャンネルの扱い方、それに膨大な量のエフェクターの設定と使い分けなど一日ではとても手に負える代物ではありません。

そうして遊んでいるのも楽しいのですが、月末の恒例川越ライブに向けてセッティングをしなくては、・・・・ということで。
GT-10の出力先設定を「LINE/PHONE」にしてモニタースピーカー出力で遊んでいたので、とりあえずいくつか気に入った音をライブ用のパッチに整理して、小型アンプ「JC-20」に繋ぎなおしてみました。
出力先設定を「SMALL AMP」に変更して、・・・と。

ところが、ライン出力の時の音とは全くの別物になってしまうのです(そりゃそういうものと理解はしているのですが、これほど違ってしまうとは・・・、ちょっと残念)。
出力先設定を「JC-120」やいろいろ試してみましたがどれもうまくいかない・・・。
ならばJC-20接続で最初から音作り、とやってみたのですがこれもうまくいきません。

Gt10jc20

GTシリーズはJC-120との相性が良いという評判ですが、さすがに”20”ではそうもいかないということなのでしょうか・・・。

そんなわけで、月末TJライブはライン接続でやります・・・(まぁ、JC-20持っていくのも大変だし・・・)。

ともあれ、まだまだ当分遊べそうな、また長く使えそうな最高の「おもちゃ」を手にした感じです。
エフェクターに関してはしょっちゅう浮気する私ですが、2~3年はこれでいこうかと思うのでした。

しかしこのGT-10、発売してもう2年近くなるのでそろそろ新型が出てきそうな予感も・・・。

« BOSS GT-10!! | トップページ | 今週末と来週末。 »

コメント

久々に参戦させていただきやす。すんごいモノを仕入れましたねー… 機械オンチのあっしには、一日中エフェクターと格闘するなんて想像を絶する世界death。さすがブルボン。TJライヴ、期待が持てますね。

>たねぞー
久しぶりー!
ヘビメタサウンドをセットしてセッションに備えて待ってるぜー!

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/196099/33106230

この記事へのトラックバック一覧です: GT-10とJC-”20”:

« BOSS GT-10!! | トップページ | 今週末と来週末。 »

ブログパーツ

  • twitter

最近のトラックバック

無料ブログはココログ