« 花粉症とお酒 | トップページ | ブログの広告リンク »

2007年2月26日 (月曜日)

ギターアンプ(VOX AD30VT)

最近ギターアンプ買いました。

VOXのAD30VTです。

ここ数年、家ではLINE6のPOD2というアンプシミュレーターを使い、ミキサー(BEHRINGER UB1002)経由でPCスピーカー(JBL)かオーディオスピーカー(BOSE)で鳴らしていたのですが、ちょっとした気まぐれというか、部屋にギターアンプが欲しいなと思ったので買っちゃいました。
ギブソンに似合うアンプが欲しかったってのもあります(2/12記事中の写真でレスポール君を立てかけてます)。

VOXのアンプで有名なのは渋めのルックスのAC30(現在は後継のAC30CCになってるようです)ですが、AD30VTは流行のアンプシミュレータ付の最近ものです。けど、コレにも真空管入ってるんですよ。ホンモノのチューブサウンドです。
AC30は、いわゆる「クランチサウンド」に定評があり、私の「バリバリ歪」には合わないのですが、コレは凄まじく歪みます。ズゥオ~ンって感じです。
それに、30Wという家で鳴らすには過大な出力だけど、出力ワット数が調整できるパワー・レベル・コントロールというスグレモノがついていて、部屋で「フルテン(※)」でも大丈夫なのです。
※フルテン ・・・・・・ ボリュームやゲインなど全部「10」にすること。

いや、しかし、・・・いまいち。
やっぱ安いし(新品で送料込み2万円以下で購入)。
歪みが粗い。

意外にもクリーンなアンプ設定が非常に良いので、しょうがないからPOD2を繋いで鳴らそうかと・・・。

賛否分かれる派手なフロントグリルなどルックスは好きなんだけど、「VOX」のロゴ部分が安いプラモデルみたいな感じで、ちょっとイヤ。

うーん、早速ヤフオク行きの可能性大だな。

うまく売れたら、次の狙いはコレ

« 花粉症とお酒 | トップページ | ブログの広告リンク »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/196099/5489213

この記事へのトラックバック一覧です: ギターアンプ(VOX AD30VT):

« 花粉症とお酒 | トップページ | ブログの広告リンク »

ブログパーツ

  • twitter

最近のトラックバック

無料ブログはココログ